マンション投資をする場合はリスクとメリットを考える

マンション投資といえば、働かずにお金を稼いでくれるといったイメージです。不動産収入と呼ばれるもので、家賃収入が物件の所有者の収入となります。

マンションを購入して、そのマンションを賃貸にすることで家賃収入を得ることができます。



普通に働いているサラリーマンの人は不労所得にあこがれる人もいるでしょう。

マンション投資を始めるためには、まとまったお金が必要だと思っている人も多いです。実際にはローンを組むことができるので、少ない頭金でもはじめることができます。

マンション投資をするときには、しっかりとした知識をもってはじまるのがいいです。

少ない知識の場合には、知識がないことで損をすることがあるからです。


一番重要なことはリスクとメリットについて勉強しておくことです。



不動産で収入をあげるときの一番の特徴は安定しているところです。



株などのように急に暴落することが少ないです。



株などの場合には不確定な要素によって暴落することがあり、大損することも考えられます。マンション投資の場合には、しっかりとした物件を選ぶことで安定して収入をえることができます。



リスクとしては、空室リスクが考えられます。

不動産を所有していても入居者がいなければ意味がありません。

そのために満室にするための努力を行うといいでしょう。
そのためには、しっかりと準備をしてマンション投資をするといいです。

物件の調査や仲介業者の調査を怠らないようにするといいです。
マンション投資をするときに住宅ローンを組むことができれば、低金利での資金調達が可能ですが、実際には使うことはできないと考えておいたほうが良いでしょう。
というのも、住宅ローンは居住するための住宅を取得するためのローンですから、投資をするためには使えないのです。
金融機関によって多少の違いはあるでしょうが、基本的には居住用の物件を取得する目的でしか利用できません。



ですから、住宅ローンで借り入れをしてマンションを購入し、マンション投資をすることは契約違反になると考えておいたほうが良いでしょう。


契約違反になった場合に、それ以上は使うことができなくなることもありますから注意が必要です。



場合によっては全額を一括で返済しなければならないこともあります。
それができればよいのですが、なかなか難しいことではないでしょうか。
自分たちで住むために住宅ローンを組んでマンションを購入し、その後に何らかの理由があってそこに住むことができなくなった場合、その物件を元にしてマンション投資を使用と考える人もいるでしょう。このようなやむを得ない状況の時には金融機関は目をつぶってくれることもあるようですが、基本的には居住用のマンションを購入する場合に利用できるローンだということは頭に入れていたほうが良いです。
ですから、マンション投資を行うのなら、アパートローンなど、投資用物件に使うことのできるローンを検討するべきでしょう。



関連リンク

  • マンションを販売している会社の中には、自己居住を目的として販売しているものと、マンション投資のための投資目的で販売しているものとに分けていることがあります。ニーズに答えるためにこのようにわかりやすくしていると言えるでしょう。...

  • 資産運用をすると、貯蓄よりも大きく資産を増やせるチャンスがありますが、やはり投資にはリスクはつきものですので、金融商品を選ぶ際も慎重に選んでいきたいところです。長期に安定した収入を得るのであればマンション投資も検討してみましょう。...