サラリーマンでも可能なマンション投資の魅力とは

一昔前までは、投資と言えば金持ちが、更に資産を増やすために行うというイメージが根強くあったものです。
ですが最近では、株式や外貨等の投資も身近になり、普通のサラリーマンやOLといった人達もインターネットを用いて、副業的に投資を行っています。


ただしそんな投資の中で、マンション等の不動産投資と聞くと、自分には縁遠いと考える人が少なくないです。


何故ならマンション投資と言うと、丸々マンションを一棟購入して行うといったイメージを持つ人も珍しくなかったりします。

ですが実の所、マンション投資は、そんな風に一棟購入する必要はなく、一部屋からでも十分に行う事が可能です。

しかもローンを組んで購入する事で、それ程収入が高くない普通のサラリーマンの人でも、副業として始める事が出来ます。

というのも、ローンの返済に家賃をあてる事でほとんど自分のお金を使わずに、マンションを購入する事が出来るからです。なのでマンション投資を上手くやれば、他人の資産を使い、いずれは自分の財産とする事が可能です。


ローンを返済し終えれば、それ以降の家賃は自分の利益となるし、そこで売却すればある程度纏まったお金を利益として得る事が出来ます。


なのでこの方法ならば、サラリーマンでも十分にマンション投資を実行する事が可能です。
ただしマンション投資は、部屋を借りてくれる居住者が存在してこそ成り立ちます。

逆に居住者がいないと、自力でローンを返済する羽目になるので、実行する際は、多くの人が借りてくれる様な利便性が高く、魅力的なマンションを選び出す必要があります。


不動産投資で一番手軽に始められるのがマンション投資です。


マンション投資はマンションの部屋を一室だけ買って賃貸で運営するから、アパート一棟を買うよりは安上がりで、入居者も一部屋分だから手軽に始めることが出来ます。
アパート一棟だとローンを組めなくてもマンション一室ならローンを組んでの返済も出来そうです。


マンション投資の魅力の内の一つに年金代わりになるというのが有ります。

ローンを払い終われば家賃収入のほとんどが収益として使えるようになるからです。ローンを払い終わる頃には年金を貰う年齢になるから、不足する年金を補う形で、マンションからの家賃収入を年金代わりに受け取るということです。

ただ問題として、ローンを払い終わる頃には建物も老朽化していて、入居者が居なくなった場合、新しい人が入るまで時間が掛かります。

その間は無収入ですから、全く年金対策にはなりません。

そして家賃も建物が古いと高く設定できないから、年金対策になるほどの稼ぎになるかです。

ローンを払い終わる頃でしたら、建物の価値もだいぶ下がっていますから、固定資産税もかなり低くなります。


だから経費が少なくなる分収入が多くなりますから、年金対策としては使えそうです。
マンション投資で年金対策をするのは良い考えですが、必ずしも入居者が確保出来るとは限りません。


しかし入居者を確保出来れば、ローンの返済が終わった後ですし、十分な年金対策としての収入が見込めます。

















関連リンク

  • マンションを販売している会社の中には、自己居住を目的として販売しているものと、マンション投資のための投資目的で販売しているものとに分けていることがあります。ニーズに答えるためにこのようにわかりやすくしていると言えるでしょう。...

  • 資産運用をすると、貯蓄よりも大きく資産を増やせるチャンスがありますが、やはり投資にはリスクはつきものですので、金融商品を選ぶ際も慎重に選んでいきたいところです。長期に安定した収入を得るのであればマンション投資も検討してみましょう。...