マンション投資を行うにあたっての手法と問題点とは

アベノミクスによる株価上昇も相俟って好景気や円安に湧いていますが、実際にその恩恵を実感できるのはほんの一握りの大企業に過ぎません。
その他の国民は自分の資産を使っていかに効率よくお金儲けができるか知恵を使って挑むことが求められています。


その一つとして注目を集めているのがマンション投資です。
マンション投資とは自分の資産や銀行などから借り入れた住宅ローンを使って、ニーズの高そうな立地もよく手頃なマンション物件を購入し、それを第三者に貸与することによって毎月の安定した賃料を得るビジネスのことを言います。最初から複数の物件を同時並行的に扱うのも良いですが、まずはひとつのものを空室を出さずに効率よく運営していくことが肝心です。



もしもそれで順調にいきそうであれば二つ、三つとそこに買いましていくとよいでしょう。
そしてゆくゆくはマンション全体を購入したり、不動産に建設したりすることによって棟全体を管理運営することも可能となります。

ただしその時に重要となるのがやはり空室対策です。



これはマンション投資において最も難しい課題ともいわれ、投資家個人が自分の独力でマンションの管理を行っていくのには限度があるのが実状です。



掃除や修理、賃料徴収、トラブル解決などの様々な点に着目しつつ、住民の満足度を充たしていかなければなりません。

そのためにはプロのノウハウを蓄積して運営する専門の管理会社を活用した方が便利なケースも数多くあります。どちらが実りが多いのか、じっくりと考えた上で決定することが望ましいでしょう。



マンション投資は、投資の対象として不動産物件であるマンションを利用するというものです。マンション投資といってもいくつかの種類があり、ひとつは分譲マンションの一室を購入して誰かに貸し出すことと、もうひとつが一棟まるごと購入して家賃収入を得るというものです。


いずれにしてもマンション投資では家賃収入を得ることで、一定の利益を得るものです。



一方でマンション投資にはリスクも伴います。
ひとつは空室のリスクです。
これは部屋を借りてくれる人が現れない限り持ち出しすることになり、投資として失敗の原因になります。また老朽化対策も重要で、投資を行う時点で修繕費を計算に入れておく必要があります。

また購入時にローンを組んだ場合には金利上昇のリスクが伴います。


特に投資金額が大きいため、わずかな金利差でも大きな損失が出ることになります。



さらにそのマンションの価値が下がることで資産価値や目減りしたり売却価格が下落します。マンション投資では、家賃収入で利益を得るほかにも売却によって得られる利益も大きく、特に資産価値の下落は最終的に投資の失敗につながります。


それに災害も大きなリスク要因になります。



ある程度は保険でカバーすることができますが、それでも建物に損傷が出た場合には修繕する費用が必要になりますし、大規模災害の場合には周辺の地価が下落するため、資産価値の下落を招くことになります。



また入居者に対するトラブルも思わぬリスク要因となるので注意が必要です。


関連リンク

  • マンションを販売している会社の中には、自己居住を目的として販売しているものと、マンション投資のための投資目的で販売しているものとに分けていることがあります。ニーズに答えるためにこのようにわかりやすくしていると言えるでしょう。...

  • 資産運用をすると、貯蓄よりも大きく資産を増やせるチャンスがありますが、やはり投資にはリスクはつきものですので、金融商品を選ぶ際も慎重に選んでいきたいところです。長期に安定した収入を得るのであればマンション投資も検討してみましょう。...