マンション投資は入居者次第です

マンション投資のメリットとして言われている物はいろいろ有りまして、まずは節税効果です。


どうやって節税をするかと言えばマンションを買ったらマンションを購入した費用が経費として認められますから、それを減価償却費として計上出来ます。
減価償却費として収入から引くことが出来て、その分の税負担が軽くなります。

それで節税が出来ると言われます。
老後の年金代わりは減価償却費をすべて払い終えて、ローンも完済して負担が無くなれば家賃収入はすべて入ってきますから、年金代わりと言われます。

生命保険代わりはローンを組む時は団体信用生命保険に入るから、死んだ後はマンションがローンを完済の条件で残るからです。

他にもメリットが有るかもしれませんが、マンション投資は収入が入居者からの家賃収入しかないです。

後はいろいろ経費がかかっても収入になる物は無いです。
節税はマンションの価値の下落で相殺されるからメリットは無いのと同じです。
保険金代わりも死ぬ前にローンを返済出来なくなったら、保険金どころかマンションを取られて終わりです。
だからマンション投資はどんなにメリットを並べられようと、入居者が入らなければ、儲からないです。

だからマンション投資で儲けるのだったら、入居者がすぐ見つかるような立地条件の良い所で、築年数が浅くて尚且つ投資資金が少なくて済むマンションを探して買うことです。

投資資金が少なくてすぐ入居者が決まるようなマンションでないと儲からないと思うことです。

最近ではサラリーマンの副業としてもマンション投資が注目されています。


ただしマンション投資といってもマンション一棟を購入するのではなく、マンションの一室を購入して貸し出す方法が主流です。

アパートやマンションを一棟購入するよりも費用負担やリスクを抑えることが出来ますが、マンション一室のみに投資するとは言っても注意しなけらばいけないことは多々あります。まず不動産投資全般に言えることなのですが、空室に対するリスクが常に存在しています。マンションの一室のみ貸し出している場合は、もしその一室が空室になってしまえば家賃収入がゼロになってしまうことになります。
たとえ家賃収入がゼロになったとしてもローンの返済は行わなければいけませんので、本業の収入を返済に充てるか預金などを切り崩して返済を行う必要性が出て来ます。
空室のリスクを無くすためには、ファミリー向けや単身者向けあるいは学生向けなどきちんとニーズを把握して物件を選ぶことが重要です。

マンション投資を行った場合には家賃収入が全て手元に残る訳ではありません。固定資産税や火災保険料、修繕積立金、管理費など様々な費用が必要となります。

それらを差し引いた金額が手元に残り、その金額からローンの返済を行うことになります。
マンション投資という副業を行うからには利益を上げて家計に余裕を持たせたいですので、手元に残った家賃収入の内どれだけをローンの返済に充てるが重要となります。手元に多くの資金を残したい為に、ローンの月々の返済額を抑えれば結果的に返済期間が長くなりますので、利息負担が増えて総支払額が高額になってしまいます。マンション投資はローンを利用すれば自己資金が少なくても始められるメリットがありますが、出来るだけ自己資金を用意してローンの利用額を少なくすることが、長い目で見れば大切になってきます。

















関連リンク

  • マンションを販売している会社の中には、自己居住を目的として販売しているものと、マンション投資のための投資目的で販売しているものとに分けていることがあります。ニーズに答えるためにこのようにわかりやすくしていると言えるでしょう。...

  • 資産運用をすると、貯蓄よりも大きく資産を増やせるチャンスがありますが、やはり投資にはリスクはつきものですので、金融商品を選ぶ際も慎重に選んでいきたいところです。長期に安定した収入を得るのであればマンション投資も検討してみましょう。...