マンション投資に適した物件とは

マンションを販売している会社の中には、自己居住を目的として販売しているものと、マンション投資のための投資目的で販売しているものとに分けていることがあります。

ニーズに答えるためにこのようにわかりやすくしていると言えるでしょう。


その違いはというと、実は曖昧ですが、ある程度の傾向はあります。
居住用のマンションとなっている場合、専有面積は広い傾向がありますし、間取りも多彩になっていることが多いです。
また、設備などをオプションで選べるようにあんっているものが多いと言えるでしょう。


居住用のマンションを取得するときには、多くの人が住宅ローンを利用します。



例えば住宅金融支援機構が提供しているフラット35を利用して取得する人は多くいます。


フラット35を利用するためには一定の基準を満たさなければなりませんから、それを満たすように建築されていることが多いです。
マンション投資に適したものとして販売されているものは、どちらかというと設備や間取りが画一的になっていることが多いです。



建築のコストを下げるという目的もありますし、平均的なニーズに答えるという目的もあるそうです。
どちらかというと専有面積は狭いものが多くあります。
住宅ローンを組んでマンションを購入する必要のない単身者などのために作られていると言ってもよいでしょう。


そのために、少し狭い物件が多くあります。



居住目的とマンション投資目的の物件とではこのようにある程度の違いはありますが、これは販売者側が定めているに過ぎませんから、例えば居住目的で建築されたマンションを購入して、マンション投資に用いることも可能です。

マンション投資を検討されている場合には、中古物件の購入を検討しても良いと思います。



新築物件の場合は土地選びから始めますので、自身の希望の土地にマンションを建てることが出来ます。さらに建物に関しても、オーナーの意向に沿ったマンションを建てられることが新築物件の魅力です。しかし中古物件には、新築物件にはないメリットがあります。



マンション投資を行う上で一番気掛かりなことが、安定した家賃収入が上げられるかということです。
新築マンションの場合は、いざ始めてみないと入居者がどの程度集まるか分かりません。

確かに綺麗な新築物件は入居希望者にとっては最初の頃は魅力的ですが、その後はどうのように入居状況が推移して行くか予測が難しいです。
その点中古物件でしたら、それまでの実績がありますので、入居状況の把握が容易に出来ます。



また既に人が住んでいる状況での共有スペースの様子などを見ることが出来ますので、きちんと管理されている物件かということが判断できます。



またマンション投資では利回りが重要となりますが、中古物件でしたら工夫次第で高い利回りを実現することも可能です。

多少老朽化が進んでいる物件を安価で購入して、リフォームあるいはリノベーションを施して物件の魅力を高めることが可能です。もちろんどの程度の修繕費用をかけるかによって利回りは変化しますが、その点についてもオーナーの工夫次第で行えることが中古物件の魅力と言えます。



関連リンク

  • マンションを販売している会社の中には、自己居住を目的として販売しているものと、マンション投資のための投資目的で販売しているものとに分けていることがあります。ニーズに答えるためにこのようにわかりやすくしていると言えるでしょう。...

  • 資産運用をすると、貯蓄よりも大きく資産を増やせるチャンスがありますが、やはり投資にはリスクはつきものですので、金融商品を選ぶ際も慎重に選んでいきたいところです。長期に安定した収入を得るのであればマンション投資も検討してみましょう。...